Q.鑑定書や鑑別書を取り直した方が、金額は高くなるのでしょうか?

ダイヤモンド以外の宝石の中で、エメラルド・サファイア・ルビー・アレキサンドライトなどで1カラット以上のものは、鑑別書があった方が有利な場合が多いと言えます。
もし無い場合は、お取りになることをお勧めします。

鑑別書をお取りになる場合は、中央宝石研究所、AGTジェムラボラトリーなどのAGL(宝石鑑別団体協議会)に加盟している鑑別機関をお勧めします。

ダイヤモンドは、鑑定書があっても無くてもお値段に大きな差は生じません。

ダイヤモンド以外の宝石の鑑別書は、多くの場合、枠に留まったままでも作成が可能なのですが、ダイヤモンドの鑑定書を新たに作るには、枠から外さなければなりません。
その手間と費用がかかりますし、鑑定書の作成代自体も数千円かかります。
判断に迷われる場合は、先に、私どもで無料査定をされることをお勧めします。

詳しくは、お問い合せ下さい。

受付時間 午前11時~午後8時
※.時間外はメールをご利用ください。

メールでお問い合わせへ ⇒
※.24時間以内にご返信いたします。